フタバから遠く離れて 第二部


2011年3月12日。福島第一原発の1号機原子炉の水素爆発により、全面立入禁止の警戒区域となった双葉町の住民1,400人が250km離れた埼玉県の高校へ避難した。以来、長い避難生活で町民の間に不満が多く出始めた避難所や仮設住宅では、町議会と町長が対立。2013年2月には当時の町長、井戸川克隆が辞任に追い込まれた。町長選挙を避難先で行うという異常事態の末、町政に関して異なる方針を打ち出した伊澤史朗が当選。役場は福島県いわき市に再移転する。町長交代で揺れ動く双葉町は帰宅困難区域に指定され、さらに中間貯蔵施設の建設計画が出されるなど、事故に起因する様々な問題が大きな影を落とし続ける。歴史に翻弄された土地、そこで暮らしてきた人々の立場を克明に映し出し、目に見えないものが消失していく様と、原発行政がもたらした矛盾を描く…。

(vidoza)(openload)(streamango)(b9dm)(動画)(動画)(FC2Rank)(人気Rank)

※streamin,VidozaでVideo embed restricted for this domain
 openloadでWe're sorry!!と表示される、動画が表示されない場合は
 URLをコピペ(別ウィンドウにペースト)で再生できます。
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

最新記事