ラフマニノフ ある愛の調べ


1918年、ロシア革命に反対の立場をとるラフマニノフは、アメリカに亡命し、その後、全米各地を演奏ツアーで巡り大成功を収める。その一方で、作曲活動はまるで進まず、焦燥感に苛まれるラフマニノフ。祖国への望郷の念も募るばかりで、妻ナターシャの支えもむなしく、彼の精神は安定を欠いてしまう。そんな時、彼のもとに送り主不明のライラックの花束が届く。その花の香りは、彼の故郷の思い出と深く結びついていた・・・。

キャスト
エフゲニー・ツィガノフ、ヴィクトリア・トルストガノヴァ、ヴィクトリア・イサコヴァ、ミリアム・セホン、アレクセイ・ペトレンコ

(clipwatch)(openload)(動画)(動画)(FC2Rank)(人気Rank)

※動画が表示されない場合は
 URLをコピペ(別ウィンドウにペースト)で再生できます。

最新記事