Mr.ホームズ 名探偵最後の事件/Mr. Holmes

holmes_main.jpg
1947年、現役を引退していた私立探偵のシャーロック・ホームズ(93歳)は、家政婦のマンロー夫人と彼女の息子であるロジャーと共にサセックスの農場で、ミツバチの世話をして暮らしていた。世間では助手だったワトスンが執筆した小説に基く「名探偵ホームズ」の虚像が浸透していた。その数年前、ホームズは兄マイクロフトの遺品からワトスンが書いた小説を見付け、それをきっかけに自身を引退に追い込んだアン・ケルモット夫人の事件を描いた映画を鑑賞するが、実際の結末とは異なった描かれ方をしていたことに気付き、事件の真実を伝えるために手記を出版することを決意する。しかし、老齢のホームズは既に痴呆が進んでおり、記憶が曖昧になり過去を思い出すことが難しくなっていた。ホームズは自身のファンである梅崎の求めに応じて日本の広島を訪れ、記憶力の維持に効くサンショウを受け取る。その際、梅崎に「外交官だった父はあなたの忠告を受け、生涯日本に戻らなかった」と責められるが、ホームズは梅崎の父に関する記憶を思い出すことが出来なかった。

キャスト
イアン・マッケラン、ローラ・リニー、ミロ・パーカー、真田広之、ハティ・モラハン、パトリック・ケネディー、ロジャー・アラム、フィリップ・デイヴィス

(streamin)(動画)(動画)(FC2Rank)(人気Rank)

※動画が表示されない場合は
 URLをコピペ(別ウィンドウにペースト)で再生できます。

最新記事